社畜から脱出!家族と仕事の両立が一番大事だと深く思った今日この頃

タクシーネタ
スポンサーリンク

会社と家族、どっちが大事ですか?

と、このように思ったことがありませんか?

自由が全くない……

毎日仕事に忙殺され
へとへとになって帰ってくる
そして寝るだけ……

もう、ゆっくりできる時間なんて全くない!
『人生が面白くない』
『もはや楽しみがない』

と迫りくる脱力感

あなたは大丈夫ですか?

スポンサーリンク

先日、上と同じようなお客さんをお乗せしたんです

以前働いていた会社がとても酷い会社だったようで
『お前たちの人生を全て会社に捧げろ!』
と、社長が言ったそうです
(日頃から言っていたとか)

朝から晩まで働き、休みも殆んどなかったようです
酷い月だと1度も休みがなかったとか……
いわゆる超ブラックな会社で働いていたんですね

それについて、意をとなえる人はいなかったのか?と聞くと
『不思議と誰も文句を言う人がいなかった。
というか、言えない雰囲気があった』
と言っていました

お給料が、そこそこよかっただけに
我慢して頑張ってきたけど
結果、家族に愛想を尽かされ離婚、そして孤独になったようです

あまりの忙しさに家庭を顧みない生活が
永遠と続いたんですね
その後、精神的にボロボロになり鬱状態になったようです

しばらくして体調を取り戻し
今では、お給料が少ないけど
ゆとりのある会社で働かせてもらってます
とお客さん

なぜ、あの時もっと早く辞めなかったのか?
と日々後悔しているようです

私も過去にブラック会社で働いていた時がありました
あれはほんと辛いですよね……
人権なんてあったもんじゃない

ブラックを経験していない人からすると
『じゃ、辞めれば』
って簡単に言いますが、そう簡単には辞められないんですよね実際は

この記事を読んでいる人のなかには
うんうんと頷かれている方も居るのではないでしょうか?

ところであなたは【社畜】という言葉をしっていますか?

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマン、OLの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。
正社員(正規雇用)のみならず非正規雇用全般(アルバイト・パートタイム・派遣社員・契約社員・嘱託社員等)で1日8時間より多く働く者も同等とされる。
英語圏では同様の概念として「wage slave」(賃金奴隷)が存在する。
【引用先】ーWikipedia 社畜

人が家畜として会社に飼い慣らされてしまう環境
こういった会社のトップは
【人を人だと思ってはおらず、利益を上げるための消耗品だとしか思っていません】
故障をすれば部品を変えるだけです

人の人生なんてどうでもいいって訳です
その人の家族がどうなろうとも
終始、会社が儲かればそれでいいんです

働く従業員やその家族のことを気にかけてくれる会社が中にはありますが、そう滅多に出会うことはありません

あなたはいつまでそんな社畜会社で働き続けるのですか?

いまの仕事を辞めることはとても大変かもしれません
しかし、その今いる会社が
従業員=奴隷だと思っているいじょう
あなたに明るい未来は訪れません

会社は今まであなたのことを散々利用し、これからも利用し続けるでしょう

辞められない事情があるかもしれませんが
そこはあなたやあなたの家族を守ることが先決です!

ですので、スパッと辞める決断も大事なのです
将来の自分が見えてますか?

その社畜から早く脱出しないと
気付けばあなたの大事なものが、全て無くなっているかもしれませんよ?

【追記】
私はいまタクシー運転手となり、世間と比べお給料が少ないかもしれません
でも、ちゃんと生活はできています
嫁も子供もいます

タクシーの良いところは
休みと仕事の両立が取りやすいというところです
ですので、休みの日は家族サービスに力を入れていますよ(*^^*)

■おすすめ記事■
休みたいのに休めないあなたへ!もう、そんなつらい仕事はやめて自由な時間を獲得しませんか?

私が思う本当のブラック企業とは『お前の人生すべて会社にささげろ!』などという人権を無視する会社のこと

タクシーネタ一覧へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました