『鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス』はタクシー営業の真髄!粘り強さこそが売上を伸ばすコツ!

タクシーネタ
スポンサーリンク

有名な川柳に

織田信長の『鳴かぬなら殺してしまえホトトギス』
豊臣秀吉の『鳴かぬなら鳴かしてみようホトトギス』
徳川家康の『鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス』

という句があります。

歴史に詳しくなくてもみんな知っていますよね(*^^*)

これらは武将の性格をあらわした句だといわれています。
ザックリですがこういうことだと思います
・織田信長は【決断力】
・豊臣秀吉は【発想力】
・徳川家康は【忍耐力】

どれもタクシー運転手にとって不可欠な【力】なんですが
中でも徳川家康の

『鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス』
機が熟するまで辛抱強く待とうという意味

に関しては究極的に求められる【力】なんです。

実はこれこそが
タクシーの真髄
なんですね。

【忍耐力】

つまり納豆のような粘り強さが、時にはタクシー営業には必要なんです。

これが無いとチャンスを逃し、もっと言えば売上を伸ばすことができません!

先日の話なんですが
ワンメーターがやたら多く、心が折れかかった日がありました。しかも4桁(1000円以上)がほとんど無い状態。

ここでこのような岐路に立っていました。
サジを投げて入庫するのか?

それとも
グッと堪え最後まで粘るのか?

本当にダメな日はなにやってもダメ。
そんな日もありますから……。ほんと精神衛生上よくない。

でもこの日はどういうわけか入庫せず、最後まで続けたんですね。

するとどうなったのか?
最終で長距離ゲット!

その日の予定を軽く越えましたっ(笑)!!

もし帰っていたら
長距離の売上+数回分の売上(帰っていたら発生しなかった売上)が無かったということです。

はっきり言って
己との戦い。葛藤です。辛い戦いです。

でも、ここで粘り強く戦かわないと後になってひびいてきます。

もちろん粘ったからといって、今回のように長距離が出る保証なんてありません。

精神をすり減らす消耗戦に終わるかもしれません。

でも、忍耐の積み重ねこそがタクシー営業の本質。これこそが、できる人とできない人とのなんです。

恐らくこれを読む【出来る先輩ドライバーさん達】はきっと頷いていることだと思います。

忍耐力のある運転手は徳川家康の素質。最後に勝利をつかむのは自分です!

さあ!忘年会シーズン、気張ってまいりましょうぞ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました