タクシードライバーに出会いを求めるなんてと思っていたら、会社に高嶺の花がいた件 トップページ(目次)

スポンサーリンク

 俺、牧野樟太22才。転職してタクシードライバーになった。

 タクシー会社と言えば、5、60才代の男性が多くしめる、花も色も出会いもないまさに灰色な業種。

 そんな職場で、僕は飛びっきりの美女と出会ってしまった。彼女の名前は宮坂美咲。俺と同じ22才。

 会社きってのNo.1ドライバーで、才色兼備を体現したまさに高嶺の花。

 ところが、彼女には『氷結の黒薔薇姫』という、ちょっと変わったあだ名が付いていた。

 ──一体どういう意味なのだろうか?

 そんなおどろしい二つ名をもつ彼女と僕はある時、同じ班として、そしてある時は教官として接していく機会が増えていく。

「あなた良くそんなので二種免が取れたわよね? 何かの間違いなのかしら?」

「あ、いや······はい。······すいません」

 ヒーッ! 怖い!

 ──おれ、ここでちゃんとやっていけるのだろうか?

 しかし、ある時を境に······

「美咲ちゃんですか?」

「······へぁ!?」

「ど、どうしたんですか!?」

 いきなり変な声を上げた美咲さんは、顔を真っ赤に染める。

 そんな二人が今後どのようにふれ合っていくのか? 
 大人だけど、どこか少年少女のような青春がいま開幕する。


第一章 タクシー会社にいた高嶺の花

01 タクシー会社に転職したら美女がいた

02 氷結の黒薔薇姫

03 タクシードライバーへの第一歩

04 灰色の青春時代(美咲の過去)

05 私のことに気づかない彼(美咲視点)

06 タクシーの洗車と宮坂さんの人柄

07 はじめての路上研修

08 タクシードライバーに向いていない

09 誤解

10 私がいるから大丈夫!

11 はじめてのお客さん

12 宮坂さんとファミレスへ

13 お守りと笑顔

14 独り立ちして初めての営業

15 大好物の餅パイ

16 美咲日記(美咲視点)

17 思い出の餅パイ(美咲視点)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました