タクシーの洗車と宮坂さんの人柄

スポンサーリンク

タクシードライバーに出会いを求めるなんてと思っていたら、会社に高嶺の花がいた件 [タクシーの洗車と宮坂さんの人柄]


第一章 タクシー会社にいた高嶺の花
06 タクシーの洗車と宮坂さんの人柄

 二日間あった屋内研修を終え、いよいよ明日から路上研修が始まる。

 路上研修では、車の清掃からメンテナンス、さらには接客まで幅広く学んでいく。
 そして、班長を横に乗せ土地勘を学ぶ、いわゆる側乗という名の路上研修が一番のメインとなる。

「ということで明日から三日間、副班長の宮坂美咲さんが側乗することになったので、しっかりと教わってほしい。ちなみに彼女、うちの会社で売上トップだ。そんな人に君は教わるんだから、ある意味ラッキーだぞ」

 腕を組みながら笑顔で頷く田宮課長。

「側乗は班長がするものではないのですか?」

「いや、今回は宮坂さんが教官をすることになったんだ」

 怖い淀野さんよりも美人の宮坂さんの方が嬉し······いや、複雑な気分だな······。
 まさに、前門の虎後門の狼といった感じだ。

「淀野さんは、少し体調を壊してね、しばらく休養をとることになったんだよ。と言うか、宮坂さんが側乗するのは不満か?」

「いやいやとんでもないです! でも、淀野さんは心配ですね······」

「ま、大したことはないとは言っていたし、すぐに復帰すると思うよ」

 田宮課長は眼鏡をくいっと上げ、話題を変えた。

「それはそうと君を呼んだのは、明日の側乗の事とこれを渡すためだったんだ」

 そう言うと田宮課長は、釣り銭入れとバインダーを俺に手渡した。これらは、タクシードライバーにとってとても重要なアイテムらしく、明日の路上研修では持ってくるようにと言われた。

 「じあ、明日は8時出勤。33号車前で集合。遅刻するなよ」

「はい!」

 この路上研修を三日間終えると、次からは一人立ちの本番だ。しっかり頑張らないとな!
 

 
 朝の7時30分。
 田宮課長に言われたとおり、直接33号車のもとへと向う。

 30分前と少し早く着きすぎた気もするが、でも教えてもらう身としては、これくらいはあたりまえだと自分に言い聞かす。

 そう思った矢先······。

 すでに宮坂さんの姿があった。
 もこもことした毛ばたきで、車のボディに付いた埃を丹念に払っている。

 って、おい! 俺、もしかして時間を間違えた!?
 そう思い、俺は全力で33号車のもとへ駆け寄る。

「す、すいません! 遅くなりました!」

 開口一番に詫びを入れ、そして深々と頭を下げる。宮坂さんは左右に動かしていた毛羽きを一旦止め、こちら側に身体を向けた。

「おはよう、牧野君。遅刻じゃないから別に謝る必要はないわ」

 宮坂さんは、毛羽きの柄をトントンと叩き埃を落としながらこちらを見据えた。

「そ、そうですよね······すいません」

 何か怖え~。

「時間まであともう少し有るけど、どうする?」

 宮坂さんは時計を確認し、ゆっくりと顔を上げ俺の顔をみる。
 と言われましても······。
 むしろ宮坂さんの方から何か指示を出してほしいんだけど······。

「あ、えっと······それじぁ、宮坂さんがよかったらでいいんですけど、自分としてはもう始めてもらってもいいかなぁ·····なんて思うのですが。······どうでしょうか?」

「そう。それじぁ、はじめましょうか」

 そう言うと、さっそく宮坂さんはバケツに水を汲み、そのバケツと洗車用タオルを俺に手渡した。

「一日の始まりはまず洗車から。私の場合は、車内を掃除してから、次にボディを洗っているわ。これと言って、特に気を付けることは無いけれど、ただ、お客さんから見て、この車がどう思われるかということを私は意識してわ」

「なるほど、つまりお客さん目線ですね」

「そうね。車内は私が掃除するから、牧野くんはボディを洗ってくれるかしら?」

「分かりました」

 20分ほどで洗車をし終えた。
 気合いを入れ洗車したせいか、どえらくキレイになった気がする。

 ······いや、ワックスがしっかりと効かせてあるからだろう。タイヤにも専用のワックスが掛けられてある。

「終わりました」

「お疲れ様。うん、綺麗になってる。合格ね」

「ありがとうございます!」

 美人さんに誉められると、なんだか嬉しくなる。 
 うん、これからもピカピカ洗車を心がけるぞ!

 ──ボンッ! 
 と、ボンネットの開ける音がした。

 「今度はエンジンルーム。といっても、最低限の点検をするだけ」

 そう言うと宮坂さんはボンネットを上にあげ、エンジンルーム内を覗き見る。その瞬間、あまりの綺麗さに俺は思わず声をあげてしまった。

「え!? エンジンルームまでピカピカ······」

「別に凄いことじゃないわ」 

「いや、そうなんですけど······。あ、でもエンジンルームも綺麗にしないとダメと言うことなんですね」

 車の洗車って、なにも車内とボディだけじゃないんだ。これは盲点だった。
 綺麗にしているんだ宮坂さんは。

「ううん、エンジンルームは自主的にやってるだけ。普通はしなくていいの。ほとんどの人は、やっていないわ。──ただ、いつもこの車にはお世話になっているし、そのままっていうのもね······。まあ、綺麗にするのは、この車に対しての感謝の気持ちみたいなものね」

 少しショックを受けた。今まで自分は、物にたいして感謝したことはあれど、こういった形で感謝をしたことがない。

 ──宮坂さんって、きっと心が綺麗な人なんだろうな。

 その後、宮坂さんから日々のメンテナンスのことを教えてもらった。
 洗車が一通り終わると一旦休憩を挟む。いよいよ路上研修がはじまる。


前のページ目次次のページ

関連記事

タクシー会社は新人社員に研修や講習を行ってくれるのか?また、営業テクニック的な事を教えてくれるのか?

車に付いた黄砂を簡単に落とす方法!タクシードライバーがやってる黄砂対策とは

コメント

タイトルとURLをコピーしました