はじめての路上研修

スポンサーリンク

タクシードライバーに出会いを求めるなんてと思っていたら、会社に高嶺の花がいた件 [はじめての路上研修]


第一章 タクシー会社にいた高嶺の花
07 はじめての路上研修

「牧野くんは、この辺りの土地勘は詳しいのかしら?」

「少しくらいしか······」

 この付近の土地勘について俺がどのくらい知っているのか、宮坂さんは聞いてきた。

 中学時代まで住んでいたので多少分かるものの、それは狭い範囲でしかない。しかも、記憶も曖昧なところもある。

「それじぁひとまず会社から出て、枚方市駅に向かってくれる?」

「はい。枚方市駅ですね。かしこまりました」

 いよいよ始まった路上研修。
 まず一発目の目的地はこの町で一番大きな駅だった。
 
 会社から枚方市駅まではおよそ20分はかかる。
 かれこれ10分ほどたったのだが、一言も会話をしていない。ちらっと宮坂さんを横目に見ると、微動だにせず前を見ているだけだった。

 時折下を向きメモ取っている様子だけど、何かの審査なのだろうか? ······とても気になる。

「さっきから、ちらちらとこっちを見ているようだけど、ちゃんと集中して運転をしてくれるかしら? あなたと心中するなんてまっぴら御免だわ」

「──ッ!? す、すいません······」

 見てたことがばれてるよーっ! ひぃ、怖いー!

「つ、着きました······」

「ご苦労様。ルートはいまの感じいいわ。······でも、もしお客さんを降ろす時は、ここじゃなくあそこの島で降ろすように」

「は、はい!」

「それじぁ、次は星ヶ丘医療センターに行ってくれるかしら?」

「あ、はい。星ヶ丘医療センターですね。かしこまりました」

 マニュアル通りの接客をし、自分が思い描くルートを頭に上で浮かべる。そして、ルートが決まったところでドライブにギアーを入れ、アクセルを踏み込んだ。

 よし、いまのところは快調だ! 道に少し不安はあったけど、結構いけるもんだな!

 ところが、しばらく走ったところで宮坂さんは静かに口を開いた。

「牧野くん。あなた何処に行くのかしら?」

「え? どこって、星ヶ丘医療センターですが······」

 なぜそんな事を聞いてきたのか分からずにいると、突然宮坂さんは深い溜め息をつきメモにチェックをいれる。
 
「あのね牧野くん、あなたの中ではじっくり考えたルートだったかもしれないけど、それは必ずしも正しいとは限らないの」

「え!? ドライバーは自分で考えて、走るものじゃないのですか?」

 一体どういう事だ?
 プロのタクシードライバーたるもの、自らルートを考え、その通りに走るんじゃないのか? それが普通ではないのか?

 そう考えを巡らせていると宮坂さんは小さくため息を付いた。

「それは半分あっているけど、半分間違ってるわ」

 宮坂さんいわく、目的地へのルートは何通りかある。しかし、だからといってドライバーが勝手考えて走っていいものではないと言った。

 例えば駅出しの場合、昔から根付いているルートというものが確立していて、基本はその通りに走らなくてはいけない。お客もその辺りはよく理解している。

 ──ゆえに、自分勝手に決めて走ることはご法度なのだ。
 
 仮に道が分からなかったり不安がある場合は、その旨を打ち明けた上でお客さんに道を聞いたり、ルートの確認を必ず取るようにすること。

 もし、これを怠ると最悪、苦情になる可能性が多いにあるという。

「牧野くんのこのルートは決して間違いではないけれど、この道は遠回りだし渋滞する可能性があるの。普通プロのドライバーならここは使わないわ」

「な、なるほど、そうなんですね。なかなか奥が深いですね」

 その後も、宮坂さんが指定する場所を何ヵ所かまわる。その度にダメ出しをうけたけど、そのぶん勉強になったと思う。

 もう気がつけば定刻の時間になっていた。
 大したことをしていのにも関わらず、何だかどっと疲れたような気がする······。

 地元と言っても、あまり知らないエリアだったので余計に疲れたのかもしれないな。

 ともあれ、ドライバーの土地勘はいわば商品と言ってもいい。商品をたくさん知るという事はそれだけ実力のあるドライバーだといっても過言ではない。
 
 ──もっと道の勉強をしなくてはいけないな!

「お疲れ様。今日の研修で牧野くんの土地勘レベルがわかったわ。──そうね。地元の人のわりには、土地勘が全く分かってないレベルよ? でも、明日は、あなたが元々住んでいた樟葉エリアを走るから、気持ち的には楽かもしれないわね」

「──え!? どうして俺が樟葉エリアに住んでいたことを知ってるんですか?」

「──ッ! あ、いや、あの、そ、そうよ! 枚方市駅エリアがあまり得意そうじゃなかったから、もしかして樟葉エリアに昔住んでいたのかもって思っただけよ。ふ、深い意味は無いかしら?」

 まあ、確かに樟葉エリアも大きな町だ。きっと当てずっぽで言ったのかもしれないな。
 それにしても宮坂さん、なんでこんなにもおどおどしてるんだろう? ······珍しい。

「そうですか。中学時代まで樟葉エリアに住んでいたんですよ。あ、でも再び帰ってきたんですけどね最近」

「そ、そうなんだ······。じぁ、土地勘は大丈夫そうね?」

「はい! という訳で明日もよろしくお願いします。あ、それと今日はありがとうございました」

「あ、うん。また明日······」

 今日の研修は散々だったけど、明日はうまくやって評価を上げるぞ。
 とはいえ地元だからって慢心はだめだよな! 
 よし、いまから樟葉エリアを探索してから帰るとするか!


前のページ目次次のページ

関連記事

タクシー会社は新人社員に研修や講習を行ってくれるのか?また、営業テクニック的な事を教えてくれるのか?

道がわからなくてもタクシー運転手になれる?はじめはみんな土地勘がないので大丈夫です

コメント

タイトルとURLをコピーしました