タクシーには必須ドライブレコーダー!犯罪や事故からあなたを守るアイテム

タクシーネタ
スポンサーリンク

タクシー業界にとっていま必要な危機管理アイテム

それは
ドライブレコーダー

昨今、あらゆる犯罪が横行するなか如何にして自分を守っていくのか?大きなテーマだと思います。

タクシー乗務員は昔と違い、いまはとても立場の弱い職業に成り下がってしまい、あらゆる面において泣かされる事が多々あります。

スポンサーリンク

タクシーのリスクは外にも内にもある

タクシーにまつわる事件や事故は、なにも車外に限ったことではありません

そう
事件は車内でも起きる
のであります

たとえば
お客様から嫌がらせや暴力といったトラブル
最近では、そういった件数が急上昇してきているようです

私も暴力(殴られるなど)はないものの、嫌がらせに関して言えば幾度となく受けました

結局、証拠として残らないのでいつも泣き寝入りです

そうですタクシードライバーは
世間に対して弱い立場にあるということです。

大半のタクシー乗務員なら、一度でもそう感じたことがあるはずです。

『タクシーはマナーが悪いから…。』
世間から見たタクシーに対する評価はこれなんです。

あらゆる面においてタクシー乗務員は不利な立場にあるというリスク。

接触事故が起きた場合、タクシーに過失が無かったとしても、疑いの目はまず運転手に向けられます(そう感じる)。
これもよく聞くはなしです。

確かにタクシーは常に公道を走らせているわけですから、一般のドライバーに比べ事故に対するリスクは相当大きなものです。

事故を起こさない確率も決して【0%】ではないということ。

ただ証拠が無かっただけに、不利な立場や不幸な場面から回避をすることが出来ないのです。

事故防衛としてドライブレコーダーを取り付けて置くのは、もはや必須

結局、自分自身が悪く無くてもそれを立証しなくては、どんなに説明やいいわけをしても、全くをもって無駄なのです。

加害者本人も必死になってあれよこれよといいわけをし、無実を訴えかけます。

ひどい場合だと保険会社に言い丸められ、事故過失で大損をしたりすることもあります。

また相手によっては数日後、怖い方(←わかりますよね(^_^;))が出てくることもあります。

このように現状証拠の無いあなたはどうやって、回避していくのでしょうか?

危機管理として、ビデオカメラを装備するのは当たり前
コンビニもちろん、いまや一般家庭までもが付ける時代です。

なのに、今まで営業車にカメラを備え付けていなかったことじたい、おかしかったのです。

危険リスクは、ドライブレコーダーで回避しやう!

タクシーにおける危険リスクといえば
・暴力
・嫌がらせや
・乗り逃げ
・衝突事故

などが代表的

そして、これらを全て証拠として立証してくれるのが
ドライブレコーダーです

トラブルに巻き込まれ、あなたが一生懸命いいわけを論じるよりも、レコーダーという証拠を“ドンッ”と突きつければ、全てが解決するんです。

ポイントは、事後の出来事だけがドライブレコーダーの使い道ではないということ!

例えば
『それ、カメラか?』
と強面の方に聞かれたことはありませんか?

私はあります。

その方はどういう意図で聞いてきたのかはわかりませんが
もしかすると、ドライブレコーダーのお陰で危険から回避が出来たのかも知れません。

そうです!

車にカメラを備え付けることにより、トラブルの抑止力効果にもなるのです!

危険やトラブルを事前におさえる事が、事故防止て何よりも大事です。

事件が起きる前に事故防衛

あなたのタクシーには、ドライブレコーダーが付いていますか?

【おすすめ記事】
煽ってくる車(運転)の心理が分からない!私がやっている対処方法は【無視】と【関わらない】こと

タクシーネタ一覧へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました