タクシー運転手の営業の基本!流し営業の極意を習得せよ!

タクシーネタ
スポンサーリンク

前後左右タクシー!!

↑流し一本で営業されているドライバーさんにとっては、うんざりする光景ですよね

当然、駅出しやホテル、病院専門のタクシー運転手で
お客様を現地にお送り、帰りは流し営業となりますが
やはり前後左右タクシーだらけな訳です。

ですので
お客様を送り届けた後は、いち早く持ち場に戻るだけ
的な思考になってしまいます

こうなってしまうと
道端でお客様が手をあげているにも関わらず、大分通りすぎてから気づき停車する

もしくは、お客様が手を上げていることすら気づかない運転手もおられます

これを読んで
『そんな奴おらんやろ!』
とボソッといわれるかもしれません。

しかしながらこれが現実なんです。

ところで
私が走る(営業)エリアは駅出し一本のエリアて、流し営業が効かないところなんですね。

ですので、このエリアに関して言えば
新入乗務員は流し営業を経験するこがありません。

上記のような、お客様を現地に送っていち早く持ち場に戻る

悪くいえば流れ作業の感覚なので、道端で手を上げるお客様がいても、全く気づかないという傾向にあります。

ですので、市内でイヤというほど流し営業を経験した者と
経験したことがないドライバーとの感覚といいますか、直感が異なります。

大きな違いでいえば
何時でも手を上げる可能性がある!
という心構え。

走りながら常に
獲物を捕らえる視線
を忘れてはいません。

スポンサーリンク

流し営業するための心構え(持ち場に戻るときでも)

●前後左右タクシーが走っていようとも、自分の時に手が上がるかもしれない

●もしかしたら、自分の会社をご贔屓にしてくれているお客様かもしれない
(数台スルーした理由)

●道筋からタイミングよくお客様が出てくるかもしれない

●対向車線のお客様にも目をやる

●その時、目が合い手を上げれば
声やジェスチャーで合図し、あらかじめ他のタクシーに取られないようにしておく

●手を上げないからといって“お客様ではない”と勝手に思い込まないこと
私は手を上げないお客様を何度もお乗せしたことがあります(笑)

とまあ、ザックリとですが
これだけは、体が勝手に反応するくらいまで身に付けてください。

走りながら常に
【獲物を捕らえる視線】

営業スイッチは何時でもONにし、さらに売上をあげてください!

【おすすめ記事】
営業に向いてないと感じたら?転職は成功するための第一歩!?お客さんの方から勝手にやって来るタクシー営業がおすすめな訳

タクシーで稼ぐ(儲ける)にはどうすればいいのか?初心者はこれが基本です

タクシードライバーはお客様を選べ!楽して稼げる方法はこれが一番だ!

タクシーネタ一覧へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました