アピール1つで売上を二倍にさせるタクシー営業テクニック

タクシーネタ
スポンサーリンク

ワンメーターでも多く売上を上げたい、タクシー乗務員なら誰しもが思うこと

とくに駅専のタクシーだと、片道の料金で仕事が終わりなので、すぐまた駅へと戻っていきます。
これって効率が悪いと思いませんか?

帰りの道中にお客様が立っていればとてもラッキーですが、まあそうあるものでもありません。

ただ、時にはこのようなお客様もおられますよね。

お墓参りのお客様

お墓参りだけに限ったことではないのですが、恐らく帰りもタクシーに乗るであろうお客様です。

俗にいう
見込み客です。
そう何度もあるわけではないですが、出来ることなら乗客して頂きたいものです。

だって、また持ち場に戻ったとしても、お客様がいつ乗ってくれるかわからないじぁないですか?
それなら見込み客を口説いて乗ってもらう方が、効率がよくないですか?

見込みのお客様は、あなたの営業次第によっとは、もしかすると再び乗って帰ってくれるかもしれません。

そこで問題です。
帰りもタクシーに乗るであろうお客様に対して、あなたはどのようにしてアピールをしますか?

1,お客様が『少し待っててくれますか?』と言うのを待つ。

2,『よろしかったらお待ちしときましょうか?』とソロッと言ってみる。

3,『この辺りはバスもタクシーもあまり通りませんので、もしよろしかったらお待ちしときましょうか?』

どれが答えかすぐにわかりますよね?

1番は論外ですね。
しっかりアピールしないといけません。

お客様の中には、タクシーを待たせるという概念の無い方がおられるからです
たとしたら、あなたからアピールし気づかせてあげなくてはなりません

2番はちょっとぬるいですね。
はなっから、タクシーを待たせるつもりのお客様にしか効果ありません。

基本的にお客様は【断る】事を無意識に考えてしまうものです。
あなたもそうではありませんか?

3番が妥当ですね。
お客様にタクシーを待たせられる事をアピールができますし
『タクシーやバスが通らない』
となるとお客様は困ります。

さらに付け加えると、タクシーに乗って帰るための根拠が発生します。

もう1つその“根拠”を大きくする方法として
『待ちメーター止めますんで』
これをアピールするとかなり効果的です。
一度で二度美味しい往復のお客様。

あなたのアピールで売上を二倍にしてください。

【おすすめ記事】
営業に向いてないと感じたら?転職は成功するための第一歩!?お客さんの方から勝手にやって来るタクシー営業がおすすめな訳

タクシーで稼ぐ(儲ける)にはどうすればいいのか?初心者はこれが基本です

タクシーネタ一覧へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました