タクシー運転手の給料と年収をズバッと分析!転職するかどうか迷っているあなたへ

タクシーネタ
スポンサーリンク

タクシー運転手の年収と給料をズバッと紹介!!
※ちなみに、参考程度にお願いしますm(__)m

あなたは今、タクシー運転手になるかどうか考えているのではないでしょうか?

とはいえ、実際お給料が一体どのくらい貰っているのかが分からないため、もう一歩先へ進めないでいる。

当然、貰えるお給料の金額が分からないことには、今後の生活に見通しがつきませんからね。とっても大事なことです。

そこで今回は、現役のタクシー運転手である私が「実際にはタクシー運転手って一体どのくらい給料をもらっているの?」について、詳しく切り込んでみたいと思います!

スポンサーリンク

タクシー運転手の給料で気になるところ4点

  1. タクシー求人にかかれている年収や給料の金額は嘘ではない?
  2. タクシーは固定給でなければ時間給でもない。歩合給ってどんな感じ?
  3. タクシーの平均年収って高く盛っている傾向にある? 都市部と過疎部ではかなりの開きがあるって本当?
  4. 繁忙期や閑散期の影響で、給料の金額は変わったりする?安定しない?

恐らくこれらの4点が気になるかと思います。
それでは今から一つずつ詳しく説明していきます。

タクシー求人にかかれている年収や給料の金額は嘘ではない?

タクシー求人に書かれている給料(年収)の金額は、はっきり言って少し難易度が高いように思えます。

何故そうなるのかというと
運転手を一人でも多く集めたい
からです。
関連記事
タクシーの転職で失敗したくない!求人誌に書かれた給料のカラクリを上手に回避する方法!

もちろん、求人に書かれている事は嘘では無く、そして以上にやっている人はいますが、それはほぼ上位クラス。

ですので、求人に書かれている給料や年収の金額より2割~3割減と考えた方が無難かもしれません(頑張れば出来なくもない)。

タクシーは固定給でなければ時間給でもない。歩合給ってどんな感じ?

タクシー業界において固定給や時間給でやっているタクシー会社はありません。

何故かというと、いくらでも怠けることが出来るからです。だからタクシー業界は歩合制なんですね。売上ありきです。

大まかですが、タクシーのお給料は売上に対して50%~60%くらいが相場であり、それがお給料の金額となります。

タクシー業界には足きりという
個人にかせられた目標金額があるのですが、その金額を下回ると一律50%(もしくは40%というところも)になります。

およそ10%近くはお給料が変わりますので、皆さん足きりを切らないように頑張っています。
ちなみに、足きりは普通にやっていれば達成できます。

タクシーの平均年収って高く盛っている傾向にある? 都市部と過疎部ではかなりの開きがあるって本当?

よくテレビなどで、タクシーの年収は○○○万円と結構良い金額を書きつつも、街頭インタビューでは
『タクシーは儲かりません!これじゃ生活が出来ない!』
と嘆く運転手がよく映されます。

しかし、テレビを見る私かるすると
「え!? そんなに年収もらってるのに生活が出来ないのかよ!」
と思わず吹いてしまいます。

「俺の年収より多いやん?」
ってな感じ。

でも、考えてみて見ると、テレビが行っている、アンケートやインタビューなどをした場所って
東京や大阪の中心都市部だったりします。

だとしたら都市部と過疎部だと平均年収にはだいぶ開きが出てきます。ちなみに、筆者があきないする地域はどちらかというと都市部と過疎部の中間くらい。

主観ではありますが、タクシーの平均年収は
都市部だと平均400~500万円以上。

中都市部<だと平均300~400万円ほど。

過疎部だと平均150~250万円くらいといったところでしょうか。
(※あくまでも主観ですので一応)

このように都市部と過疎部では年収に大きな差があるので、平均年収を高く見積もっているつもりはないのでしょうが、地域よっては誤解を招きかねませんよね。ゆえに、メディアなどには惑わされないようにしてください。

繁忙期や閑散期の影響で、給料の金額は変わったりする?安定しない?

ご存じの通り、タクシーは季節に左右されるいわゆる水商売です。毎月の給料は安定しませんが、大きく変動はしません。

とはいえ、毎月○○万円と一定額の給料をもらわないとマズイと言う人にとっては、タクシー業界は合わないと思います。

そんなわけで、タクシー業界は稼げるんだと夢見で転職しようとすると必ず痛い目に合いますのでタクシーの転職は少し考え直し必要があるかもしれません。

ぜひ、あなたの生活スタイルと合わせて参考にしてみてください!

タクシーはやっただけ跳ね返るという魅力はある!

ここまであまりにも悲観的な事を書きすぎたので、人によっては
『やっぱりタクシー運転手になるのは止めとこうかな』
なんて思われたかもしれませんので、一応フォローします(笑)

確かにタクシー運転手は、場所や地域によって年収や給料に幅があるかもしれません。

しかしその反面、各タクシー会社には必ずバケモノみたいに売上をあげ人がいます。

化け物のような人は別格にしても、だけど沢山の給料を貰って帰る人も居ることはたしかです。
平均お給料のだいたい1.2倍~2倍近くでしょうか?

ですので
「タクシー運転手の年収年収が低いから底辺だ!」
と言う人もいるかもしれませんが、必ずしもそうでは無いということです。ただの偏見ですね。

もちろん、普通のやり方、普通の努力しかしない人は当然それに見合ったお給料しかもらえません。

そうではなく、あらかじめタクシー業界の給料事情を知った上で「どうやれば稼げるのか?」を追求していけば、おのつどトップクラスは見えてくるはずだと思います。

やる気が出てきた人は軍資金として、ひとまずこちらを頂いておきましょう↓
入社祝い金・支度金を出しているタクシー会社の見つけ方!これを知らなかったら○○万円損をするかもしれません

【おすすめ記事】
京都にあるタクシー会社で転職するならどこがいい?現役ドライバーがおすすめする会社6選

タクシー会社に転職するならまずは賃率で選ぶな!それよりも市内で稼げる力を身につけた方が効率的

タクシー運転手のメリットとデメリットを包み隠さずズバッと紹介!これを見てからタクシーの転職を考えよう!

タクシーネタ一覧へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました