ニート・引きこもりだった私がタクシー運転手の仕事に

タクシーネタ
スポンサーリンク

じつは私、タクシードライバーになる前は軽い鬱病で引きこもりでした

部屋に引きこもっては毎日ゲームばかりしていました

当然、まわりから
『仕事がみつかったか?』や『早く見つけてや』などとプレッシャーを掛けられ、その度嫌気がさしていました

そんな私が、どのようにしてタクシー運転手になったのか?
今回はその事について書いてみたいと思います。

もし、鬱でなかなか社会へ復活出来ないという人の、一縷の切っ掛けになれば幸いです。

スポンサーリンク

鬱・ニートだった以前の私の葛藤劇

私はいつも職を探すべく職安へ通い、その帰り求人雑誌を持って帰るのが日課でした。

そう、内心全くやる気が無かったのですが
私を取り巻く周りの人に対し、あたかも職探しをしているかのようによそっていたました

やる気が無い、否、正確には
0%やる気が無いのではなく、心の奥底ではやっぱりやらないといけない
と思う自分が、そこにいたのも確かです。

自分で言うのもなんですが、このように繊細かつ葛藤している自分のことを理解してくれる人はいませんでした
それこそ身近な人でさえもです

すぐに仕事を辞めてしまう人生だった

今はタクシーに乗っていますが、以前は工場のライン作業や飲食関連とおよそ10種類以上の仕事に携わってきました

結局、仕事に馴染めずどれも数ヵ月で辞めてきました

まわりから
『なぜ、仕事をすぐ辞めるの?』
とよく言われますが、はっきり言って自分でもよくわかりません
ゆえに、誰も伝わらないし理解もしてくれませんでした

少し変な例えですが
お酒が飲める人からすると、飲めない人の気持ちなんて分からないんですよ!
本人の前では理解した振りをしても、実際は分かっていない

だから時間が経つとまた
『何回も飲む練習したら飲めるようになるって!俺もはじめはそうだったぜ?』
と、人権を無視した言い訳で丸め込もうとしてきます

経験の無い人からすると苦しむ本人の気持ちなんか、到底理解などされません!

ニートから脱出

引きもり・ニートであった私の気持ちの中で
『このままずっとひきこもっていたら、いつか生活が出来なくなる···』
という恐怖が、津波のように押し寄せてくる時がありました

働かなくては!

ただ、立ちはだかる壁はあまりにも大きく乗り越えていく自信がない···

『このまま死んでしまおうか?』
でも、自分にはそんな勇気が無いんですよね

悶々と日々を過ごすなか、少しだけ心に余裕がでてきました
ある日、たまたま見ていた求人誌のとあるページに手が止まりました

それがタクシーだったんです!

転職してはすぐに辞めていた私が、おかげさまで今も続いています!

今までの事を思うとまさに奇跡です!

そもそも私が会社をすぐに辞めてしまう原因は
会社組織に馴染めないからだったと思います

つまり人間関係です
『これがなんとかなれば、自分はタクシーでやっていけるかも!』
そう直感で感じたんです

だからこそ、いまもタクシー運転手が続いているのかな?
とそう思います

あなたがいま、過去の私のように引きこもり、もしくはニートであって、少しでも『 働かなくてはいけない!』という小さな炎があるなら

タクシー運転手に挑戦してみてはいかがでしょうか

1人でコツコツとする仕事なので、人間関係に疲れることがありません!

悩むことはありません!あなたならきっと乗り越えられるはずです!

タクシー運転手で一発逆転ですよ!!
少し気になってきたらお次はこちら(*^^*)↓
タクシー運転手のなり方(初心者用)

最後に

これは余談ですが、タクシー業界で働く若いドライバーの中には、元引きこも・ニート・鬱だったという人が意外に多いです

あなたもタクシーで頑張ってみませんか?

【おすすめ記事】
タクシーの仕事ってどう?楽しい?人間関係に疲れたあなたに

人間関係に疲れた…。仕事を辞めたい……。その後退職したあなたへ

タクシー運転手(ドライバー)になる方法!まずどうしたらいい?と思ったら読んでみて

コメント

タイトルとURLをコピーしました