タクシードライバーの高血圧と成人病!私がやっている対策・解決方法

スポンサーリンク

高血圧発令!今だからこそゆとりを持って!

以前、タクシー運転手と糖尿病についてかきました

毎回健康診断を行うたびに
『気を付けないとな!』
と思いつつも、時間が経てばもとの不健全な生活へと逆戻りします

運転手は経歴が長ければ長いほど成人病にかかるリスクが高くなるのは果たして偶然なのでしょうか?

この間、たまたまなのですが糖尿病の専門医の方をお乗せしました

先生が言うには
『食生活の乱れがなく、痩せているかたでも糖尿病に掛かる人はいますよ』
と言っていました

原因としてストレスで引き起こされる場合もあるとのこと
確かに、ストレスから過食となり糖尿病になるケースをイメージしがちですが
それとは別に

過度なストレスが引き金となり血糖値を下げてくれる【インシュリン】を弱くするホルモンが分泌され、血糖値が上がる場合がある

このようなことがあるようです

これを
ストレス性の糖尿病
と言うそうです

運転手という仕事は端から見れば一見楽そうに見られがちですか、実は結構ストレスの掛かる商売でもあるんですよね

そこらは皆さん重々に承知のことだと思います(^_^;)
例えば
・ワンメータのお客様が乗ってこられた時
・嫌なお客様が乗ってこられた時
・売上が思うように伸びないとき
・あしきりが行けるか不安
・寝不足
・会社への不満

とまあいろいろストレスの掛かる要素が沢山あり、しかもこれらは永遠にのし掛かってきます

さらにこれが断続的にストレスが掛かりますので休まる日が無いのでは?
と思うくらいです

もっとも『会社への不満』は私だけかもしれませんが(笑)

昨今、急激に暇になってきた感が否めず
かなり無理をされている乗務員も中には居られることでしょう

ドライバーというお仕事は売上に応じてガッツリ仕事をしたり、はたまた手を抜いたりすることもできます

しかし、これだけ暇になってしまってはガッツリという前向きな言葉ではなく無理して働かなくてはならないというのが本音

こればかりは会社がしっかり頑張ってもらう他はありません…

私たちの仕事はいくらでも無理が出来ます
今まさにストレスがピークに達している人もおられることでしょう

お金が必要だから無理するしかないという事情も有るかもしれません
しかしその前に体を壊しては元も子もないのではないでしょうか?

ただでさえ、私達ドライバーは不規則な仕事のうえ
成人病になるリスクが高いにも関わらず
さらにリスクを上げる行為をするのは如何なものかと思います
こんな人いませんか?

業務開始から終わりまで、地上に足を着けたのがトイレにいく数回だけ
というドライバーさん

私も何度か経験がありますがこんなことばかりやっていると
血圧がグーんと上がり業務終了時、車が降りたとき頭がくらっとして倒れそうになった時があります

実際、これと同じように車から降り倒れ込むようにして亡くなった方も居られます

いいですか?

いま、暇なのは重々に承知しています
ですが、ここはあえて業務中に睡眠を取ったり買い物に出掛けたり
私のようにカメラ(スマホ)を持って神社仏閣にふらっと立ち寄ったりしてストレス解消してみていかがでしょうか?

会社は売上だけが必要であって
あなたの健康なんかに気を使ってくれません!

暇な今だからこそ、しっかり自らガス抜きしていきましょう!
最近、急激に血圧が上がり『高血圧』になった方、それは成人病への一歩ですから私も含め気を付けていきましょうね(^_^;)

関連記事
【眠れない!】タクシー運転手が抱える寝不足・不眠症の悩み!?私がやった改善方法

ドライバーの健康診断にビクビクしているあなたにはこの改善策!

タクシーの仕事って短命?早死にするってきいたけど本当?それ、半分正解だけど半分は間違い

コメント

タイトルとURLをコピーしました